【ソフトテニス部女子】竹田・福田ペアが西カレ3位入賞!

<写真・準決勝進出を決め、笑顔を見せる竹田・福田ペア>


    7月10日、長崎県長崎市総合運動公園かきどまり庭球場にて平成30年度西日本大学対抗ソフトテニス選手権大会のダブルス2日目が行われた。
   関学からは4ペアが出場。竹田(社4)・福田(教1)ペアが準決勝で敗れるも、結成からわずか半年で3位入賞に輝いた。安田(人4)・中村(文3)も粘りのテニスを見せ、ベスト8入り。好成績を収め、8月のインカレに弾みをつけた。今大会は本日をもって終了となった。

[試合結果]
・3位
竹田・福田ペア

・ベスト8
安田・中村ペア

・ベスト16
半田(法2)・山口(経3)ペア

・ベスト64
大山(商2)・野崎(文4)ペア


試合後のコメント
竹田茜主将「目標の優勝に届かなかったのは悔しいが、チームの中で一番の成績を残せたのは良かった。初めは調子が上がらなかったが、試合を重ねるにつれて自分たちのテニスができたと思う。1年生と4年生のペアだが、福田が若さを出して頑張ってくれた。今大会はインカレに向けていい大会になったと思う。自分自身としては悔いのないように楽しむことをテーマに、インカレでも団体戦、個人戦ともに頑張っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です