【ソフトテニス部男子】3ペアが2日目残留

<写真・2日目残留を決めた遠藤・中村ペア>

    7月9日、長崎県・長崎市総合運動公園かきどまり庭球場にて平成30年度西日本大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。本日はタブルスの1日目が行われた。
   関学から8ペアが出場。吉信(人3)・浦東(教4)ペア、遠藤爵(教2)・中村(法3)ペア、廣瀧(社2)・二階堂(人3)ペアの3組が2日目残留を決めた。
   次戦はあす、同会場にてダブルス2日目が行われる。
  [本日の試合結果]
・1回戦敗退
蔵本(理4)・遠藤晃(社1)
河野(法2)・池田(教2)
・2回戦敗退
吉川(法4)・高坂(商4)
・3回戦敗退
竹下(社2)・中大路(商1)
美甘(経2)・古賀(商2)
・2日目残留
吉信・浦東
廣瀧・二階堂
遠藤爵・中村
試合後のコメント
吉川塁主将「2日目に残留したメンバーが多いのは良かった。昨日負けた分を取り返してくれたと思う。個人としては満足のいく結果ではなかったので悔しい。今日残留したメンバーたちは、昨年の自分の結果を越えられるように頑張ってほしいと思う。また各々課題が見つかったと思うので、インカレまでに修正できるように取り組んでいってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です