【ソフトテニス部男子】3年連続団体戦ベスト8

<写真・試合後集合するメンバー> 

    7月8日、長崎県・長崎市総合運動公園かきどまり庭球場にて平成30年度西日本大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。雨天により1日遅れで大会がスタート。そのため本日は団体戦が行われ、関学は3年連続でベスト8となった。
   関学は1回戦を不戦勝により勝利。続く2回戦は松山大との対戦となった。初戦を遠藤(教2)・古賀(商2)の同級生ペアの息の合ったコンビネーションを見せゲームを先取。続く吉信(人3)・浦東(教4)ペアも流れに乗り勝利を収め、2勝1敗で2回戦を突破した。続く準々決勝では、同じく1部リーグの同大と対戦。ゲームを先取されると相手の力強いショットに押され劣勢の展開に。そのまま1ゲームも取れずに同大に0-3で敗れ、3年連続のベスト8敗退となった。
  [本日の試合結果]
2回戦 対松山大
遠藤・古賀☆4-1
吉信・浦東☆4-2
中村真(法3)・磯貝(法1)★1-4
準々決勝 対同大
吉信・浦東★3-4
遠藤・古賀★0-4
中村真・磯貝★1-4
試合後のコメント
吉川塁主将(法4)「目指していた優勝とはかけ離れた結果になってしまった。この結果は実力不足、調整不足、チームとしてのまとまりが欠けていたことから起こったと思う。チームとしての雰囲気の緩さは最近感じていた所だった。インカレでは、プレーごとに執念を見せてほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です