【剣道部女子】 住野、全日本個人でベスト16の大健闘!

 

<写真・相手と間合いを取る住野>
 7月7日、東京都日本武道館にて第52回全日本女子学生剣道選手権大会が行われ、関学からは住野(人4)が出場した。5月に行われた関西選手権でベスト16入りを果たした選手が出場できる今大会。2回戦で関東地区のシード選手を1本勝ちで撃破するなど大健闘。全4戦中3戦を延長に持ち込みながらも勝ち切り、初出場ながらベスト16入りを果たした。
 また、同会場で行われた第12回全日本女子学生剣道東西対抗試合には、関学からは西軍に住野が出場し、東軍に勝利した。
 あすは同会場にて 第66回全日本学生剣道選手権大会が行われ、関学からは山田(文4)、富松(法3)が出場する。
【本日の試合結果】
1回戦
住野 延長1本勝ち
2回戦
住野 1本勝ち
3回戦
住野 延長1本勝ち
4回戦
住野 延長1本負け
試合後のコメント
住野早希女子主将「雨であまり練習ができなかった分、力まずに挑めたと思う。初戦は緊張し、固い剣道になってしまったが、勝ち残り、力を抜くことができた。1回戦を勝つことを目標にしていたため、ベスト16という結果は自分としては満足。全関西では確実に1本を決めれるようにし、キャプテンとしての責任を果たしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です