【水上競技部水球パート】 12ー5でびわこ女子に勝利!次戦リーグ最終戦

<写真・第3Pから出場した山田彩(文3)>
     
 7月1日、京都大学プールにて平成30年度関西学生水球選手権(2部)のオープン戦(対びわこ女子)が行われた。第1ピリオド(P)に大村(理3)のシュートで先制。流れをつかんだ関学はリードを開いていく。第3Pから控え選手も多く出場。第4Pで相手に3点連続で得点を挙げられるも、12ー5で勝利した。だが、退水者が出たり、シュートが入らなかったりするなどの課題が残った。
 次戦は7月7日、同会場にてリーグ戦最終戦(対京大)が行われる。
      
試合後のコメント
荒木信哉主将(経4)「色んな選手が出場して、まだ色々と出来ていないことがあったのでいい練習になったのではないかなと思う。次戦は最終戦で、10点以上の大差で勝てるように、最後は勝って終わらせたい」
第3Pからリーグ戦初出場の山田彩加「センターボールを取りに行くのを意識した。泳ぎで頑張ろうと思っていて、試合に出ることができて、とても楽しかったと思う。いつも試合に出ていて、出ていない人たちにも恥ずかしくないようなプレーをしようと思っていた。次、またチャンスあるときはもっと頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です