【レスリング部】 内倉がグレコで3位

<写真・表彰状を持ち写真撮影に応じる内倉>

   7月1日、大阪府堺市金岡公園体育館にて平成30年度西日本学生新人戦2日目が行われた。大会1日目のきのうはグレコローマンスタイルが行われ、関学からは2名が出場。内倉(人2)が同率で3位となり、大学入学後初の表彰台となった。2日目のきょうはフリースタイルが行われ、6名が出場。上(人1)が唯一勝利し、準々決勝に進出した。だが、準々決勝は相手のペースに飲まれ0-5で敗北。準決勝進出とはならなかった。
【きょうの試合結果】
・初戦敗退
小林(人2)テクニカルフォール負け
鈴木(経2)判定負け
行司(経3)フォール負け
内倉 判定負け
山本(人1)フォール負け
・予備選突破
上 判定勝ち
・1回戦突破
上 テクニカルフォール勝ち
・準々決勝敗退
上 判定負け
試合後のコメント
鎌田裕貴主将(人4)「きょうは惜しい試合が多かった。唯一勝利した上は、勝てたのは良かったが、練習の良さは出ていなかった。これからもっと練習を重ねて自信をつけていってほしい」
きょう唯一勝利を挙げた上「きょうは自分から攻めることができて良かったが、悔しさが残る結果になった。自分のペースに持って行けず、しんどい試合展開だった。勝てたことはうれしいが、満足はできない。夏の練習では、課題の体力不足を克服できるように頑張りたい」
きのうのグレコローマンスタイルで3位となった内倉「きのうは、1本背負いからポイントを取るという一連の流れができて良かった。3位という結果はすごくうれしいが、ここで満足してはいけないと思う。強い人の技を盗んでいきたい。夏の練習では基礎体力づくりをすることが必要。バテないように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です