【水上競技部水球パート】 2部初戦白星発進!

<写真・後半からフローター出場で2得点を決めた青島>
 6月30日、京都大学プールにて平成30年度関西学生水球選手権(2部)が行われた。先週、1部2部入れ替え戦で神大に敗れ2部降格した関学は、きょうから2部リーグ戦。阪大との対戦となった。第1ピリオド(P)、得点機をつくるもなかなか点が決まらず。4ー2と格下相手に苦戦する。第2Pになっても状況は変わらず8ー6。苦戦を強いられる。第3Pは権守(国2)のシュートから4連続得点で好スタート。勢いに乗り、このピリオドで7得点を稼ぐ。後半は、控えメンバーも多く出場。最後までリードを許さず、17ー13で2部リーグ初戦を白星で飾った。
 次戦はあす、同会場にてオープン戦対びわこ女子が行われる。
    
試合後のコメント
荒木信哉主将(経4)「勝ったけど、もっと余裕を持って勝てる相手だった。でも、後半から控えメンバーをだいぶ出したのであれくらいかな。きょうから2部で全勝し、来年につながるゲームを一戦一戦していく」
後半からフローターとして出場した青島諒典「もっと取れる場面があったので、もう2、3点は決めれた。いい態勢までフローティングできたが、ボールが手につかない場面もあったのでそこが課題。パス回しやシュートで決め切れるようにしてチームに貢献したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です