【バスケットボール部男子】 中野がチームトップの16得点!

 

<写真・3点シュートを放つ中野>
   6月26日、府民共済SUPERアリーナサブアリーナにて、第44回日韓学生バスケットボール大会定期戦3日目が行われた。中野(法4)がメンバーに入っている関西学生選抜チームが、韓国の漢陽大學校と対戦した。中野は第1クオーター(Q)では開始7分で出場。コートに入って1分足らずで3点シュートを決めた。関西選抜チームは勢いに乗り、32ー18で第1Qを終える。第2、3Qは途中から、最終Qも途中まで出場。4本の3点シュートと、2本の2点シュートを決め、チームトップの16得点でシューターとしての仕事を全うした。チームは勢いそのままに106ー75で勝利。次戦はあす、同会場にて大会4日目が行われ、関西学生Futuresと漢陽大學校が対戦する。
1 2 3 4
漢陽大學校 18 15 16 26 75
関西学生選抜 32 25 20 29 106

 

試合後のコメント
中野司「おとといから調子が良く、きょうも高い精度でシュートができた。後半は打てる機会も多かった。しかし、もっとコートの中にいるときにもっと意識して打ち続けられるようにしたい。全国大会のため7月1週目まで選抜チームで集まるので、盗めるところは盗んで技術を上げていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です