【ヨット部】課題は残るも、470級首位!

{CAPTION}

<写真・全力でヨットを操る選手たち>  6月24日、兵庫県新西宮ヨットハーバーにて関西学生ヨット女子選手権大会が行われた。大会2日目のきょうは、風が強くコースを読むのが難しいコンディションの中で4レースが消化された。470級では小泉(文4)・本田(法4)が1位に輝いたが、スナイプ級では石川真(国3)・尾井(教3)が2位と首位を勝ち取ることはできなかったが、1、2年生コンビの伊藤(文2)と戻野(文1)が5位になるなど新人の活躍が目立つ大会となった。 次戦は6月30日から7月1日に新西宮ヨットハーバーにて関西個戦行われる。
試合結果 ・470級 1位 小泉・本田 5位 池淵(社2)・伊東(経2) 6位 森重(文1)・中岡 (文1)
・国際スナイプ 2位石川満・尾井 5位 伊藤・戻野
本田有咲女子リーダー「風が強い時に持ち味を生かせず、ライバルの阪大や甲南大に遅れをとってしまった部分があるのは残念。しかし、1年生や2年生が躍進し、活躍してくれたのは良かった。全日本インカレに向けて課題をひとつひとつ直していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です