【カヌー部】 石田が2冠! 課題克服し、夏に向け本格始動

​<写真・{K-2}500㍍で優勝を果たした藤井・石田組>


 6月24日、芦屋キャナルパークにて第48回大阪学生選手権大会が行われた。男子はシングルス、ペアともに表彰台を独占し、安定した結果を残す。なかでも、石田(経2)が{Kー1}500㍍、{Kー2}500㍍で2冠を達成。エースの頭角を現した。女子は、女子リーダーを務める栗林(文4)が、2競技で表彰台。夏へ向け、本格始動となった。

今試合の主な成績
{Kー1}500㍍
1位 石田
2位 大山(文1)
3位 中原(法2)
{Kー2}500㍍
1位 藤井凌(商4)・石田組
2位 大本(総4)・春木(法3)組
3位 山下(社4)・中原組
{WKー1}500㍍
3位 栗林
{WKー2}500㍍
3位 栗林・川部(教3)組
{JKー1}500㍍
1位 東山(経1)
2位 駒谷(経1)
3位 高木(総1)
{JKー2}500㍍
1位 東山・駒谷組
2位 藤田(総1)・高木組
{JWKー1}500㍍
2位 保田(経1)

試合後のコメント

藤井凌主将「女子のペアに関しては、1位と2位を武庫女大に奪われ、現段階での力の差を大きく感じた。全体を通しては、新顔が飛躍していた。2、3年生の活躍は、4年生の刺激になったと思う。1年生の存在も大きく、チームを鼓舞し、盛り上げてくれている。ただ全体で、陸上と水上にいる時のオンとオフが切り替えられてない部分が見られた。今まではしっかりと、できていたこと。チーム全体で変えていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です