【水上競技部水球パート】 びわスポ大に敗北であす入れ替え戦へ

<写真・ゴールを狙いシュートを放つ藤井>

     

 6月23日、京都大学プールにて平成30年度関西学生水球選手権が行われた。第1ピリオド(P)開始45秒で先制点を奪われた関学。2連続で点を取られ、流れが相手に傾いた。その後、藤井(社2)、大村(理3)の得点が入るが2ー6で第1P終了。第2Pからも相手に主導権を奪われ、パスがなかなか回らず点が入らない。連続失点を許し相手に大幅に差を付けられ、6ー24で試合終了。課題が多く見つかった試合となった。

 次戦はあす、同会場にて1部2部入れ替え戦(対神大)が行われる。

    

試合後のコメント

荒木信哉主将(経4)「パスがうまく回らずに、カウンターで点を取られることが多かった。そこから流れが悪くなって、第4Pの時には追撃できる点差じゃなくてみんなの気持ちが切れていた。内容としては前戦の龍大戦と雲泥の差。今のままだと雰囲気も悪いので、声はしっかりと出し合っていく。あすは自分たちの水球をいつも通りして、決勝リーグまでにいい流れをつくりたい」

tags:水上競技

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です