【アメリカンフットボール部】 金沢大戦後の監督・選手コメント

<写真・TDパスをキャッチしたWR木下>

鳥内秀晃監督「まぁこんなもんや。いらん反則が多かったな。秋の関大や立命大になると5㍎、10㍎の罰退は致命傷になる」
#10QB光藤航哉主将(経4)「JV選手にとっていい経験ができた試合になった。反則も多いし、タックルミスも目立った。(春の最終戦ですが)春を振り返ると、1戦負けたというのが心残り。雨など言い訳を多くしてしまった試合だった。あの試合でチームを見直す、いい機会になった。(夏の練習に向けて)大事な練習の時期。一秒一秒を大切に秋を迎えられるように、全員で悔いなくやりたい」
#96TE荒木将太副将(商4)「反則が多い試合となってしまった。それでも、下級生がフレッシュさを存分に出してくれた。秋リーグは初戦でうまくいかないのが伝統になってしまっているので、今から準備をしっかりして臨みたい」
#25DB横澤良太副将(商4)「前回のJV戦より、ベンチも含めて雰囲気としては良かった。しかし、反則が多過ぎる。強い相手だったら、きょうの試合内容では勝てない。春で日体大に敗北したことで自分たちが弱いことは分かっている。秋は隙のないチームを目指して、夏合宿など全力で頑張りたい」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「まだ細かいところが雑な選手が多い。普段の生活からこだわってやっていかないといけないと思った。春シーズンは日体大に負けたし、まだ熱が足りていないのが現状。秋は負けたら終わりなので、チームの熱をもっと上げさせて日本一を目指したい」
QB平尾渉太(社1)「パスでTDを稼げたのは良かったけど、納得はしていない。この前のJV戦では、フリーのターゲットに対してしっかりと投げれていたが、きょうは通らなかったプレーもある。(U19日本代表として出場する世界大会に向けて)選ばれたからにはスタメンとして活躍したい。自分の中ではワクワクしている」
2本のTDパスをキャッチしたWR木下健太(教2)「TDできて素直にうれしい。苦手なプレーだったが、自信のある足が生かせたと思う。だが、まだJV戦に出ているだけ。これからさらに努力し、秋リーグでは日本一に貢献できるように頑張りたい」
インターセプトリターンTDを決めたDB北川太陽(人1)「JV戦でビッグプレーをしようと狙っていたが、まさかできるとは思ってなかった。素直にとてもうれしい。前回のJV戦でインターセプトのチャンスでボールを落としてしまい、チームの勢いを少し落としてしまった。反省点を生かして臨めた成果だと思う。秋に向け、目の前の課題に取り組んでいきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です