【硬式野球部】 オールスター戦開幕! 姫野が4番DHでマルチ安打!

<写真・3回、得点につながる二塁打を放った姫野>
 6月22日、わかさスタジアム京都にて第25回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦(準決勝・対阪神大学野球連盟)が行われた。関学からは藤井投手(法4)、黒原投手(社1)、大上捕手(商3)、姫野内野手(社4)、赤川内野手(法4)、中西内野手(商4)の6名がメンバー入り。連覇中の関西学生野球連盟は、6ー2で勝利し、決勝進出を決めた。
 先発でグラウンドに立つ9人は関学以外の選手となったが、姫野が4番・指名打者で出場。3回に二塁打を放ち、2点追加に貢献した。姫野はこの日、4打数2安打の活躍。9回には守備交代で、大上と赤川が出場した。赤川は、最後の打者を併殺で抑え、会場を沸かせた。関西学生野球連盟は、11安打6得点。猛攻で決勝進出を決めた。
 次戦は24日(日)の13時より同球場にて決勝戦が行われ、秋の神宮出場へのスーパーシード獲得を狙い戦う。
【阪神大学野球連盟】●武次(関西国際大)、森國(関西国際大)、當麻(大産大)、八木(天理大)、森浦(天理大)、安達(大産大)-石原(天理大)
【関西学生野球連盟】小寺(近大)、肥後(関大)、〇坂本(立命大)ー高橋(関大)、大上
[三塁打]阪神:小窪(大体大)
関西:辻(同大)、高橋
[二塁打]関西:中家(近大)、多田(関大)、姫野、鈴木(京大)
試合後のコメント
後藤昇監督(立命大)「追加点はほしかったが、集中打が出たのでいいかなと思う。面目は保たれて良かった」
4番DHでマルチ安打を放った姫野大成内野手「関西学生連盟の4番を託されて、楽しかった。きょうも抑えられる気はせず、目標の5割を達成できた。関西学生連盟の代表として、スーパーシードを絶対に勝ち取る。それが関学のためにもなる」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です