【航空部】接戦を勝ち取り、関関戦勝利!

{CAPTION}

<写真・表彰状を持って記念撮影を撮る選手たち>   6月17日、福井空港にて第41回総合関関戦が行われ、1800-1500で接戦を制した。 おとといときのうの結果により、同点で迎えたきょうの戦い。上昇気流が発生しづらく、記録が伸びにくい天候の中で両校ともに800㍍を目指して臨むも、なかなかうまくいかない。その中で、西田(商3)が滞空時間40分を超えて得点。その得点が決勝点となり、昨年に敗北した雪辱を晴らした。 次戦は、10月に関関同立戦が行われる。
試合後のコメント 磯澤 隆之介主将(経3) 「昨年度の敗北の雪辱を果たそうと、今まで以上に勝ちにこだわって取り組んだ。昨年度の事故があってから久々の大会。安全に行えたのも良かった。関関同立戦につながる価値のある試合だったと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です