【サッカー部女子】 PK戦で敗れ1部2部入れ替え戦へ

 

<写真・涙を浮かべ応援席に向かって礼をする選手たち>
 6月16日、関西大学高槻キャンパスにて、平成30年度関西学生女子サッカー春季リーグ2部決勝戦が行われ、関学は関大に0ー0でPK戦となり、敗北した。
 両者譲らない展開が続いた。前半は相手のディフェンスに阻まれボールを前に進ませることがなかなかできず。関学もデフェンスを徹底し両者無失点で試合を折り返した。後半も一進一退の展開に。FW石淵(総4)やMF嶋垣(教4)がシュートを狙うも、またも相手ディフェンスを前に得点につなげることができず。最後の最後まで激しい攻防戦となるも、0ー0のまま90分が経過。勝敗はPK戦にもつれ込んだ。
 PK戦ではGK津石(商4)の好セーブが光るも、最後はMF前原(商2)のキックが相手GKに阻まれて敗北。1部2部入れ替え戦にまわった。入れ替え戦は6月24日、大阪体育大学にて行われ、1部昇格を懸け武庫女大と対戦する。
試合後のコメント
石淵萌実主将「全体として無失点で終えられた点は良かったが、守備をする中でなかなかリスクを負ってシュートに踏み出せなかった。少ない人数でもシュートする力をつけないといけない。このチームで目指してきた1部昇格のため、下を向いてはいられない。応援してくださる人への恩返しや、原動力となるため、何としても次戦勝って、笑顔で1部に昇格したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です