【水上競技部水球パート】 リーグ戦開幕!1勝1敗スタート

<写真・シュートを打つ権守(国2)>
      
 6月16日、京都大学にて平成30年度関西学生水球選手権が行われた。1戦目の相手はリーグ戦12連覇中の立命大。第1ピリオド(P)から1ー10と大きく差を広げられる。しかし、第2Pで尾上(経3)と大村(理3)が得点を決め、6ー13。だが、王者に守りがなかなか通用せず10ー28で初戦は敗北となった。続く2戦目は、京大と対戦。第1Pから大村の連続得点で流れをつかみ、藤井(社2)、荒木(経4)も得点を決めた。しかし、第3P途中、2人が永久退水となり、流れが京大に。第3P終了から第4P開始直後までで6連続失点となるも、しっかり逃げ切り15ー12で勝利。1勝1敗でリーグ戦初日を終えた。
 次戦はあす、同会場にてリーグ第3戦(対龍谷大)が行われる。
      
試合後のコメント
本日4得点の尾上葵「初日で気合を入れていたが、不甲斐ない試合になってしまい悔しかった。シュート決定率がまだまだなのでそこが課題。屋外プールの熱もあり、ベストパフォーマンスができていなかったと思う。リーグ戦が始まり、インカレ出場のために点を取るというのを意識していく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です