【合気道部】 関学の強さ見せつけ関西制覇続出!

<写真・演武競技に出場した選手たち>
       
 6月10日、住吉武道館にて第38回関西学生合気道競技大会が行われた。乱取競技団体戦にて男子は2回戦敗退も、女子は決勝まで勝ち進み、関西制覇を果たした。乱取競技男子個人戦で奥(経3)が優勝。続いて行われた演武競技では、女子対徒手の部で丸山(教4)・岡本(法3)組が、女子対武器の部で坂井(経3)・田島(文4)組が優勝した。また、男子対徒手の部で重野(法4)・田中(法2)組が、男女混合の部で沼田(経2)・山本(社2)組が準優勝。男子対武器の部で米永(国2)・北坂(商4)組が3位入賞を果たすなど、演武競技に出場した組が全て入賞を果たした。
      
結果は以下の通り。
演武競技
対徒手の部
男子 重野・田中組 準優勝
女子 丸山・岡本組 優勝
     
対武器の部
男子 米永・北坂組 3位
女子 坂井・田島組 優勝
    
男女混合
沼田・山本組 準優勝
     
乱取競技団体
女子 高橋(法4)、岡本、田島 優勝
男子 河口(経3)、上山(法4)、星野(社4)、北坂、奥 2回戦敗退
     
乱取競技個人
男子
奥 優勝
北坂、上山 予選敗退
女子
岡本、高橋(法4)、遠藤(法3) 予選敗退
      
試合後のコメント
丸山瞳主将「今までの歴史の中で、負けてきた相手に勝つことができた試合。演武競技も、4年生が多く出場して結果を残せたのは幹部としていい最後になったと思う。(個人として)対徒手の部に出たことがなく、結果を残したいと思っていたので周りに良かったと言われたりしてうれしかった。(後輩に向けて)ここまででいいと決めないで、もっともっと上を目指して妥協はしないでほしいと伝えたい。部の中で戦いもあるので、お互いを高め合いながら強くなってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です