【卓球部】「女子は史上最多の5名がランク入り!男子も6名がランク入りを果たす」

image1.jpeg

<写真・1年生ながらベスト16入りを果たし、ガッツポーズをする楊>

  6月9日、大阪府池田市立五月山体育館にて第87回関西学生卓球選手権大会が行われ、2日目の本日は男子ダブルス、女子ダブルスの準決勝、決勝、そして男子シングルス2回戦から5回戦までと女子シングルス1回戦から4回戦までが行われた。ダブルスでは津隈(商4)、小脇(社2)ペアが準決勝に出場。何度も同点に持ち込むも接戦を制すことはできず敗北し、関学勢2年連続の女子ダブルス3位となった。女子シングルスでは史上最多の5名がランク入り。男子シングルスでは昨年度覇者の高橋(商3)がまさかの敗戦を喫するも、ルーキー楊(経1)を含む6名がランク入りを決めた。

 次戦はあす、同会場にて男子シングルス6回戦から、女子シングルスは5回戦から行われる。

女子ダブルス

準決勝

小脇、津隈ペア ★2-3

男子シングルス

2回戦

梶原(社2)★1ー3

山口(法2)☆3ー0

萩原(商1)★2ー3

金川(文4)☆3ー0

佐藤(国4)☆3ー0

高橋 ☆3ー0

廣田雅(経3)☆3ー0

松宮(人4)☆3ー1

大西哲(人3)☆3ー0

備本(経4)☆3ー0

大西尚(商2)☆3ー0

楊 ☆3ー1

橋本(文2)☆3ー0

卯木(法3)☆不戦勝

山下(経2)☆3ー0

3回戦

山口 ★3ー1

金川 ☆3ー2

佐藤 ☆3ー2

高橋 ☆3ー0

廣田雅 ☆3ー0

松宮 ★2ー3

大西哲 ★2ー3

備本 ☆3ー0

大西尚 ☆3ー0

楊 ☆3ー2

橋本 ☆3ー2

卯木 ☆3ー0

山下 ☆3ー0

4回戦

金川 ★2ー3

佐藤 ☆3ー1

高橋 ☆3ー0

廣田雅 ☆3ー0

備本 ☆3ー1

大西尚 ☆3ー0

楊 ☆3ー0

橋本 ★2ー3

卯木 ★1ー3

山下 ☆31

5回戦

佐藤 ☆3ー0

高橋 ★2ー3

廣田雅 ☆3ー1

備本 ☆3ー2

大西尚 ☆3ー0

楊 ☆3ー2

山下 ☆3ー1

女子シングルス

1回戦

苅宿(法2)☆3-0

瀬古(法2)★1-3 

宮岡(人1)★1-3 

石本(教4)★0-3

赤澤(社1)☆3-0

光根(法1)☆3-1

樫原(商4)☆3-2

2回戦

苅宿★1-3

赤澤 ★0-3

光根 ☆3-1

樫原 ☆3-2

竹田(国1)☆3-0

青木(社4)☆3-0

津隈 ☆3-1

宮脇(国3)☆3-0

秋山(教1)☆3-0

池上(教4)☆3-0

小脇 ☆3-0

3回戦

光根 ★1-3

樫原 ★0-3

竹田 ☆3-2

青木 ☆3-0

津隈 ☆3-2

宮脇 ☆3-0

秋山 ☆3-1

池上 ☆3-1

小脇 ☆3-1

4回戦

竹田 ★0-3

青木 ☆3-0

津隈 ☆3-2

宮脇 ☆3-0

秋山 ★2-3

池上 ☆3-0

小脇 ☆3-1

試合後のコメント


備本将主将「男子は例年どおり多くの選手が残ってくれた。女子は史上最多の5人がランクに残ってくれた。個人的には女子の4年生3人と男子の佐藤が初めてランク入りしたことがうれしい。あすは全員が優勝を目指して頑張る」

青木沙也花女子主将「今までで1番多い5人が残ってくれた。すごいことだと思うので、自信を持っていきたい。負けた人もリーグ戦でエース格として出場していた選手に負けていたので自信を無くさずに、頑張ってほしい。あすは関学の5人が上位を独占したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です