【アイスホッケー部】 京産大に4-0で勝利し準決勝進出

<写真・先制ゴールを挙げたFW三小田>

 6月5日、関西大学たかつきアイスアリーナにて第67回関西学生氷上競技選手権大会が行われた。関学は京産大に4-0で勝利。準決勝進出を果たした。
     格下相手に序盤は苦しんだ。第1ピリオド(P)は両チーム無得点。7本のシュートしか放てなかった。だが、徐々に攻撃の形をつくり始めると、第2P残り19秒、FW三小田(教3)が待望の先制ゴール。勢いに乗った関学は、第3PにFW奥野(文2)、FW森井(商4)、FW大﨑(人1)が得点を決め、完封勝利を収めた。
 次戦は6月10日、関西大学たかつきアイスアリーナにて関大と対戦する。
試合後のコメント
笠間尚主将(社4)「試合への入り方が課題だったが、きょうも悪かった。だが、よく苦しい時間を耐えて後半につなげてくれた。次戦は関大だが、パスコースを読んで当たっていけば勝てない相手ではないと思う。ロースコアで勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です