【相撲部】1部昇格ならず

<写真・試合後、悔しさをにじませる部員たち>
    6月3日、堺市大浜公園相撲場にて第92回西日本学生相撲選手権大会が行われた。関学は、2部団体決勝トーナメント決勝にて、愛学大に2勝3敗で敗北。1部昇格はならなかった。
  最初に行われたのは、2部団体戦。関学は、予選を3連勝。勝ち点13で愛学大と並び、抽選の結果2位で予選を通過。決勝トーナメント1回戦では、阪大との対戦となった。先鋒の仁木(経2)が寄り切りで勝利。波に乗ると、4勝1敗で阪大に勝利し、決勝戦へ駒を進めた。決勝では、愛学大と対戦。仁木、松永(商2)が連続で勝利し、2部優勝へあと1勝としたもののまさかの3連敗を喫し、2勝3敗で愛学大に敗れた。これにより2部2位で団体戦を終えた。
  続いて行われた2部個人戦。関学からは、5名が出場した。大川(文2)が2部個人優秀選手8選手トーナメントに進出するも1回戦負け。1部で相撲をとることはできなかった。
試合後のコメント
高山峻主将(文4)「きょうは自分の責任。本当に悔しい。2勝を先取したところで自分たちに油断が生まれてしまった。もっとがむしゃらに相撲をとれるようにならないといけないと痛感した。来年こそ1部に上がれるように、次に控えるインカレでいい成績を残したい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です