【アメリカンフットボール部】 追手門学院大戦後の監督・選手コメント

<写真・ダメ押しTDを決めたRB斎藤>

鳥内秀晃監督「相手が相手や。もっと点は取れたがこんなもんやな。関西リーグはもっと強い。(今季初出場を果たしたQB光藤については)長いこと出ていなかったしまだまだ。次戦も相手が相手やから光藤以外は1年中心にいく」
#10QB光藤航哉主将(経4)「チーム面では良くも悪くも例年通りのJV戦という感じを受けた。フレッシュマンの活躍もあり、良かった面もあるが、まだまだ勝ちたい気持ちが足りない。4年生から働きかけていこうと思う。個人ではランでTDを取れたことは良かった。だが、タックルを受けて進めなかったり、パスが通らなかったりしたので、そこは変えていきたい」
#96TE荒木将太副将(商4)「新しい戦力が活躍してくれた。だが、上級生のミスが目立つ。4年生がフィールドで姿勢を見せれば、下級生もついてくる。次戦までの2週間が本当に大事。一人一人が自分自身を磨いてほしい」
#25DB横澤良太副将(商4)「全体的に試合に臨む空気ではなかった。それが前半ディフェンスがズルズルいかれた原因だと思う。次戦は春シーズン最後の試合なので、内容にもこだわって勝ちたい」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「フレッシュマンのプレーは良かったと思う。だが、こだわってきたことがまだまだ甘い。4年生がもっとしっかりしないとだめ。次戦までの2週間を大切にして、全員で意識を変えて取り組んでいく」
ダメ押しTDを決めたRB斎藤陸「初めて試合に出て、素直にうれしい気持ちもあるが、まだまだ悔しいシーンが多く、課題を感じた。次のJV戦ではもっと活躍して、秋のリーグ戦に出られるようになれたらいいなと思う。上級生が強いので、まずは追いつけるように頑張りたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です