【アメリカンフットボール部】 追手門学院大学に57-0で圧勝

<写真・今シーズン初出場を果たしたQB光藤>

 6月3日、関西学院第3フィールドにて、追手門学院大学とのJV戦が行われ、57ー0で勝利した。
   第1クオーター(Q)開始直後にWR鈴木(人2)のロングランから渡邊大(神3)がタッチダウン(TD)。その後も、今季初出場を果たした#10QB光藤主将(経4)のTDやルーキーRB斎藤(総1)のTDなどで前半を28-0で折り返す。後半もWR木下(教2)やRB安西(社1)のTDなどで大量得点。攻守にわたり相手を圧倒し、57-0で勝利した。
   次戦は6月23日、関西学院大学第3フィールドにて金沢大と対戦する。
試合後コメント
鳥内秀晃監督「相手が相手や。もっと点は取れたがこんなもんやな。関西リーグはもっと強い。(今季初出場を果たしたQB光藤については)長いこと出ていなかったしまだまだ。次戦も相手が相手やから光藤以外は1年生中心でいく」
#10QB光藤航哉主将 「チーム面では良くも悪くも例年通りのJV戦という感じを受けた。フレッシュマンの活躍もあり、良かった面もあるが、まだまだ勝ちたい気持ちが足りない。4年生から働きかけていこうと思う。個人ではランでTDを取れたことは良かった。だが、タックルを受けて進めなかったり、パスが通らなかったりしたので、そこは変えていきたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です