【水上競技部水球パート】 1戦目勝利も2戦目課題残る

<写真・本日7得点の大村>
      
 6月2日、京都府京都アクアリーナメインプールにて平成30年度京都選手権水泳競技大会水球競技の1日目が行われ、1戦目に乙訓水球クラブと対戦した。第1ピリオド(P)から流れをつかんだ関学。相手に追い上げを見せられるも、大村(理3)と尾上(経3)が落ち着いて点を重ね、12ー9で勝利した。続く2戦目の相手はクラブナタシオキョウト。相手のディフェンスにパスがうまく機能せず、ボールを奪われる場面が多く見られた。第4Pで10点差が開き、4ー14でコールド負けとなった。
   
試合後のコメント
今試合4得点を収めた尾上葵「きょうは3年生が一番上で、不安もありプレーで引っ張ることができなかったと思う。ディフェンスでステップバックには練習を重ねて、大村と合わせるのも意識して練習してきた。今はチームは上がり調子とは言えないが、リーグ戦では主将をインカレに連れて行くことができるように、下が声を出して盛り上げていく」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です