【バドミントン部女子】 3組が5回戦へ!



<写真・5回戦進出を決めた重信>

   6月2日、近畿大学記念会館にて、平成30年度関西学生バドミントン選手権大会(1日目)が行われた。

   1日目のきょうは、ダブルスAとダブルスBが行われた。重信(人4)・村田(経2)ペア、 佐々木(人3)・結城(法3)ペア、北谷(人4)・澤田(教2) ペアの3組が5回戦進出を決めた。5回戦以降は13日、大阪市立千鳥体育館にて行われる。

【試合結果】

女子ダブルスA

・2回戦敗退

紅林(経3)・山下(文1)

日比(商1)・小田(経1)

・3回戦敗退 

山中(経3)・松岡 (経1)

草刈(総3)・渋谷(国2)

岩崎(教4)・蘭 (社4)

・4回戦敗退

上田(文3)・水野 (文2)

花野(商3)・請田 (人1)

・5回戦進出

重信・村田 

佐々木・結城 

北谷・澤田 

女子ダブルスB

・2回戦敗退

元地(総3)・島袋(経2)

試合後のコメント
重信萌夏女子リーダー「最近勝ちきれないことが多かったので、結果ではなく内容と雰囲気にこだわって挑むことができた。ミスが続いた時こそ冷静になれたのが結果として勝ちに繋がったと思う。また、チームは関学で3組がベスト8に残る事ができてよかった。個人戦であるが、チーム一体となり仲間の応援ができていた。あすはシングルがあるが、関学として毎年次の日に残る人数が少なく、課題でもあるので、気持ちをもう一度入れ直して一つでも多く残れるよう全員で頑張りたい」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です