【体操部】 全日本インカレに4名が進出!

〈写真・試合後、集合写真の撮影に応じる選手たち〉

  5月27日、福岡県北九州市立総合体育館にて第68回西日本学生体操選手権大会最終日、体操競技の部が行われた。

    本日は男子が団体戦に出場。総合得点326.050で予選敗退となったが、敗退校から選ばれる個人総合の部門で臼井(人3)が72.100で6位となり、全日本インカレ個人戦への出場を決めた。また女子からは原(教3)、成瀬(国3)、梶原(人1)の3名全員が出場権を獲得。計4名が8月に行われる同大会に出場する。

試合後のコメント
安藤隆文主将(教4)「関西大会での悔しさを晴らしたかったが、ミスが出てしまった。チームとしても点数が伸びた選手と、伸びなかった選手の差があった。インカレに自分は出場できないが、出る選手をサポートしていきたい。また、6月の関関戦がこのチームで戦う最後の団体戦。関大は勢いがあるチームだから、しっかりと調整して勝てるように頑張りたい」

 

男子で唯一のインカレ出場を決めた臼井「3年連続でインカレに出場することができてホッとしている。3月にけがをしてしまい、怖さもあったけれど最初の平行棒でいいリズムをつくれた。支えてくれた人たちに感謝したい。あん馬でミスは出てしまったが、それ以外はほとんど完璧だった。この流れに乗って、インカレではゆかで上位に食い込めるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です