【アメリカンフットボール部】 関大戦後の監督・選手コメント

{CAPTION}

<写真・試合開始前、コーチの言葉を聞く光藤主将ら選手たち>

鳥内秀晃監督「前半、QB西野が慌ててしまって、パスが全然通らなかった。オフェンスもランプレーが通らず。後半、関学QBが3日ほどしか練習していないのに、いいパフォーマンスを見せてくれた。上出来。最後、FGで終わったのはイマイチ。ディフェンスもタックルはええけど、もう少し一発でしとめてほしいな」
#10QB光藤航哉主将(経4)「毎試合のことだが内容が悪かった。前半ビハインドで折り返したことで、雰囲気が悪くなってしまった。だが、オフェンス、ディフェンスともに、要所でいいプレーも出ていたので、秋につなげていきたい。(復帰後すぐにTDパスを決めたQB奥野については)もともと落ち着いてプレーができる選手。これからチームに必ず必要となるので、奥野を含め全員で日本一を目指したい」
#96TE荒木将太副将(商4)「前半だけだと負けている。これでは秋に勝てない。攻撃面では、最後の第3ダウンのチャレンジを通さないといけなかった。こだわってきたことができずに春を終えてしまったので、これから秋に向けて、課題を潰していく」
#25DB横澤良太副将(商4)「前半は苦しかった。コミュニケーションが取れておらず、こだわってきたことが全然できなかった。最後まで悪いところが出てしまった。秋までにもう一度、課題と向き合いたい」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「前半は負けていて、良かったプレーももちろんあったが、目指すところにはまだまだ達していないことを実感した。オフェンス面ではパスが通らない時に流れを変えてやろうという勢いがある人がなかなか出てこなくて、TDに結びつかない場面が多かったと感じた。まだまだ秋に、日本で一番強くなれるとは思えない。練習から何段階も強化して日本一を具体的なリアルなものにしていきたい」
QBサックやTFPのキック弾き同点を阻止したDL藤本潤「昨年の秋に大事な試合で出れない悔しさを味わった。今年は、大事な試合に出させてもらいたいので、きょうはアピールする最後のチャンスだった。そこで、QBサックやTFPを阻止する活躍ができてよかった。秋に向けて大事な試合でしっかりと任される選手になりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です