【陸上ホッケー部女子】 大体大に勝利し、5位決定戦へ

<写真・今試合で2点を決めたDF加藤(中央)>

 5月26日、立命館ホリーズスタジアムにて平成30年度関西学生ホッケー春季リーグ順位決定予選が行われ、関学は大体大に4-0で勝利。5位決定戦へと駒を進めた。
 王座進出のためにはもう負けられない関学。第1クオーター(Q)9分に、ペナルティーコーナー(PC)を獲得すると、DF加藤(法3)が打ち込み、そのリバウンドを加藤自らが押し込み先制した。流れに乗ったかと思われたが、相手の守備に阻まれ得点につながらない。しかし、第2Q13分に、FW原田(国3)が、追加点を決め盛り上げ2ー0で折り返す。気持ちを入れ直し臨んだ後半。第3Q7分、FW小林(総4)が得点し、同8分DF加藤が本日2点目の得点を決め、さらに点差を開いた。第4Qではサークルインし、得点機をつくるも決め切なかったものの、4ー0で勝利となった。、
 次戦はあす、立命館ホリーズスタジアムにて、春季リーグ5位決定戦(対関大)が行われる。

試合後のコメント
若月舞主将(経4)「前半、少し油断してしまい相手に合わせてしまった。ハーフタイムに、気持ちを切り替えてからは足も動くようになり良いプレーができた。あす勝たないと王座が決まらないので、勝ちにこだわる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です