【庭球部男子】 本間がシングルス4強で春関を終える

<写真・本間は最後まで食らいつくテニスを見せた>
 5月26日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会6日目は男子シングルス準決勝が行われ、関学からは本間(経4)が出場。第1シードを相手に、序盤から主導権を握られた。デュースが続くゲームもあったが、ミスが目立ちあと1本を決めることができず。結局1ゲームも取ることができないままストレート負けを喫した。それでも、自己最高成績の4強。これにて全ての関学選手が今大会を終えた。
    今大会により、インカレ出場者が決定した。本間がシングルスでインカレ本選出場決定。また、シングルスで田中伸(文4)と吉田(商4)、ダブルスで本間・田中伸組がインカレ予選出場を決めた。
男子シングルス本戦準決勝
本間(0-6、0-6)●
試合後コメント
長尾成彰主将(国4)「本間は疲れがあったと思うが、よく頑張ってくれた。プレッシャーのある中、これぞエースという活躍だったと思う。全体的には、インカレ出場者が3人しかいない。もっと上位に食い込む選手が出てこないとリーグ戦で勝つのは厳しい。今回の反省を今後の大会につなげていきたい」
シングルス4強で今大会を終えた本間春樹「きょうは実力のなさを痛感した。だが、冬から取り組んできた課題をつぶし、プレーの幅が広がったと思う。4強に満足はしていないが、自信になった。今年はとにかくリーグ戦で勝ちたい。自分が各大学の一番手を倒していけるように、これからも頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です