【庭球部男子】 本間が自己最高成績の4強

<写真・シングルス4強を決めた本間>

 5月25日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会5日目は男子シングルス準々決勝、ダブルスインカレ選考(予選決め)が行われた。関学からはシングルス本戦に本間(経4)が出場。相手の短所をついたプレーで、ファイナルセットを獲得し勝利。自己最高成績である4強進出を決めた。ダブルスインカレ選考(予選決め)では、本間・田中伸(文4)が出場。中盤で相手の勢いに圧倒されるも、スーパータイブレークを制し、インカレ予選出場を決めた。
 あす、同会場にて男子シングルス準決勝が行われる。
男子シングルス本戦準々決勝
本間(3-6、6-4、6-1)○
男子ダブルスインカレ選考(予選決め)
本間・田中伸(6-3、6-7(3)、10-7)○
試合後コメント
長尾成彰主将(国4)「本間がよく頑張ってくれた。自分の持ち味を十分生かせていたと思う。初めてのベスト4で、結果も内容も良かった。この勢いで優勝を目指してほしい」
4強進出を果たした本間春樹「前半は作戦がうまくいかなかった。でも、第1セットで、相手にとってどんな作戦が効果的か意識できたから、後半で生かせた。第2セットを一気に勝ち取れて、勢いをつけられたのが良かったと思う。あすは、打ちたいボールではなく、打つべきボールを打つということを意識して、勝利を目指す」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です