【庭球部女子】 栗本・前田組が4強入り

<写真・単複で4強進出を果たした前田>

 5月25日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会5日目はシングルス、ダブルスの準々決勝とシングルス、ダブルスのインカレ選考が行われた。シングルス準々決勝には関学から前田(人4)が出場。相手のペースに飲み込まれ、ファイナルまで持ち込まれるも、最後は一瞬の隙も与えず勝利。4強進出を果たした。また、ダブルスでは栗本(社4)・前田組が出場。強気なボレーでスーパータイブレークを制し、ベスト4入りを果たした。シングルスインカレ選考(本選決め)では、大和(経2)が2敗し、出場権を逃した。ダブルスインカレ選考(予選決め)では、岩井(経2)・北本(人1)組、藤原(国4)・河野(商4)組が出場。両組とも敗北したため、出場権を得るためには、あすの勝利が絶対条件となる。
 あす、同会場にて女子シングルス、ダブルスの準決勝、ダブルスのインカレ選考2回戦、3回戦が行われる。
女子シングルス準々決勝
前田(6-3、6-7(2)、6-0)◯
女子ダブルス準々決勝
栗本・前田(6-3、6-7(5)、10-5)◯
シングルスインカレ選考(本選決め)
1回戦
大和(2-8)●
※8ゲームプロセット
2回戦
大和(2-8)●
※8ゲームプロセット
ダブルスインカレ選考(予選決め)
岩井・北本(2-6、2-6)●
藤原・河野(6-7(7)、6-7(8))●
試合後のコメント

ダブルス4強進出を果たした栗本麻菜主将「勝たなければいけないと思いすぎて、弱気なプレーが多くなってしまった。でもスーパータイブレークに入った後は、ラリーで崩すより勢いが大事だと思い強気にいけた。あすは、しっかりボレーで足を動かしていきたい」
単複で4強進出を果たした前田友花「シングルスは集中し切れなかった。相手のボールが遅く、それに合わせてしまって足が動かなかった。これからは準備を早くしてボレーでポイントを重ねたい。あすはラリーが得意な選手と対戦する。簡単なミスをなくして、勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です