【庭球部女子】 前田が単複8強進出

<写真・ダブルス8強入りを決めた栗本・前田組>
 5月24日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会4日目は女子シングルス3回戦、ダブルス2回戦が行われ、シングルスには関学から前田(人4)、大和(経2)が出場。前田がフルセットで橘(関大)を破り、8強に進出した。また、ダブルスでは3組が出場し、栗本(社4)・前田組は相手に1ゲームしか許さず、順当に8強入り。前田は単複8強進出となった。
 あす、同会場にて女子シングルス準々決勝、ダブルス3回戦、単複のインカレ選考1回戦が行われる。
女子シングルス本戦3回戦
前田(6-4、4-6、6-2)◯
大和(0-6、0-6)●
女子ダブルス本戦2回戦
栗本・前田(6-1、6-0)◯
藤原(国4)・河野(商4)(4-6、1-6)●
岩井(経2)・北本(人1)(3-6、2-6)●
試合後のコメント

ダブルス8強入りを決めた栗本麻菜主将「いい感じで試合に入れた。シングルスで負けてしまったので、ダブルスで優勝できる予感がする。小池・渡邊組(園田女大)に勝って優勝したい」
単複で8強入りの前田友花「やりたいテニスができた。デュースなど、大事なところでポイントが取れた。今大会は第2シード。シードを破っての優勝がしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です