【庭球部男子】 本間ら3名が3回戦進出!

<写真・同士討ちを制した本間>
 5月21日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会2日目は男子シングルス2回戦が行われ、関学からは本間(経4)ら8選手が出場。本間、田中伸(文4)、吉田(商4)の3選手が3回戦進出を決めた。本間は山本(人4)と対戦。試合を通して、山本の特徴に合わせた作戦を使い、6-2、6-2で危なげなく同士討ちを制した。
 あす、同会場にて男子シングルス3回戦、ダブルス1回戦が行われる。
男子シングルス本戦2回戦
神谷(6(3)-7、2-6)●
田中洋(4-6、1-6)●
山本(2-6、2-6)●
山口(神4)(3-6、6-4、4-6)●
本間(6-2、6-2)○
吉田(6-4、6-2)○
田中伸(6-2、6-3)○
試合後のコメント

3回戦進出を決めた本間春樹「同士討ちは5大会目で5試合目。山本の特徴に合わせた作戦でうまくあてはめることができた。今大会では優勝を狙う。上位に食い込む可能性は十分にあるので、一戦一戦を大切に戦いたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です