【庭球部女子】 前田、大和が2回戦突破!

<写真・第2セットを粘り勝ち、3回戦進出を決めた大和>
 5月21日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会2日目は女子シングルス2回戦とダブルス1回戦が行われ、関学からは前田(人4)ら5選手、1組が出場。前田と大和(経2)が3回戦進出を決めた。大和は、第2セットで0-3とリードを許す。その後も、3-5と相手リードが続くも、最後は7-5で制した。大和と前田は8月に行われるインカレ予選出場が決定。大和は初のインカレ予選出場となる。
 あす、同会場にて女子ダブルス1回戦が行われる。
女子シングルス本戦2回戦
近江(教4)(0-6、0-6)●
小柳(商1)(3-6、6-1、1-6)●
高本(商3)(2-6、3-6)●
前田(6-2、6-1)○
大和(6-2、7-5)○
女子ダブルス本戦1回戦
明河(経2)・吉田(国2)(1-6、2-6)●
試合後のコメント

3回戦進出を決めた大和里緒「第2セットは、リードを許す展開だったが、途中で応援も増えてポイントが取れるようになった。インカレ予選の出場も決まり、単純にうれしい。あさっても、格上相手だが、挑戦者の気持ちでインカレ本戦からの出場を決めたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です