【庭球部男子】 3名、1組が初戦突破!

<写真・新しくペアを結成し本戦1勝目を飾った神谷・吉田ペア>
   
 5月20日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会1日目は男子シングルス1回戦と男子ダブルス1回戦が行われ、関学からはシングルスで、中澤(法1)、神谷(経4)、田中洋(法4)、山本(人4)の4選手が出場。ダブルスには、神谷・吉田(商4)ペアが出場した。田中洋は、第3セットで相手に4-5とリードを許すも、粘り強く戦い抜いた。ルーキー中澤は、初戦敗退となった。
 あす、同会場にて男子シングルス2回戦が行われる。
   
男子シングルス本戦1回戦
中澤(5-7、3-6)●
神谷(4-6、6-2、6-2)○
田中洋(6-3、4-6、7-5)○
山本(人4)(6-2、6-1)○
男子ダブルス本戦1回戦
神谷・吉田(6-2、7-5)○
    
試合後のコメント

長尾成彰主将(国4)「接戦が多かったけど、勝てたのが大きかった。緊張はあったけど、よく戦ってくれた。あす、勝てばインカレ予選の決定戦に回れるので、残っている選手が全員出れるように頑張ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です