【ソフトテニス部男子】3連敗を喫し、4位で閉幕


​<写真・全勝した鳥居・古賀ペア>
   
  5月20日、同志社大学京田辺キャンパステニスコートにて第136回関西六大学春季リーグ戦の2日目が行われた。
   昨日、女子団体の全日程が終了。2連勝で迎えたきょうは、男子団体の3試合目からの開始となった。3回戦は、立命大と対戦。ゲームカウントを有利に進めるも、相手の攻撃的なテニスに圧倒され連敗を喫し、セットカウント3-4で敗れた。続く4回戦は同大と対戦。磯貝(法1)、内海(社1)の1年生コンビが幸先よくゲームを取ると、ここから連勝を収めた。たが、同大の粘りもあり3連敗。セットカウント3-4で敗れた。落とせない一戦となった5回戦では関大と対戦。鳥居(社2)、古賀(商2)が負けなしの3連勝を収めるも、後続が続かず。セットカウント3-4で敗北となった。2勝3敗の4位で今大会を終えた。

[2日目の試合結果]
・第3戦 対立命大
磯貝・内海★2-4
鳥居・古賀☆4-0
羽田(理2)・田中海(理4)☆4-1
吉信(人3)・浦東(教4)★1-4
田中維(教3)・中大路(商1)☆4-1
廣瀧(商2)・二階堂(人3)★3-4
遠藤(教2)・中村(法3)★2-4

・第4戦 対同大
磯貝・内海☆4-0
鳥居・古賀☆4-2
羽田・田中海★0-4
田中維・中大路★3-4
廣瀧・浦東★3-4
遠藤・中村☆4-1
美甘(経2)・高坂(商4)★1-4

・第5戦 対関大
磯貝・内海☆4-0
美甘・高坂★1-4
吉信・浦東☆4-1
羽田・二階堂★3-4
遠藤・中村★2-4
鳥居・古賀☆4-2
田中維・中大路★2-4

試合後のコメント 
今試合リーダーを務めた高坂啓太副将「きょうは序盤は勝っていたが、後半にポイントを取り切れなかったことが勝敗を分けたと思う。最後の1本が足りなかった。春季リーグ戦で負けた相手にリベンジしたかったが、関学の弱さが出てしまった。今回見つかった課題を西日本インカレや、インカレに向けて克服していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です