【陸上ホッケー部女子】 昨季大敗を喫した天理大に引き分け

<写真・天理大を無失点に抑え、笑顔がこぼれた寺下優(左)と加藤>
 5月19日、天理親里ホッケー場にて平成30年度関西学生ホッケー春季リーグ予選第3戦が行われ、関学は天理大に0-0で引き分けた。
 昨季、天理大に0-10で大敗を喫した関学。試合序盤からしっかりと守備を徹底した。好スタートを切った矢先、試合開始4分にDF若月主将(経4)が相手選手と接触し、負傷。だが、主将がいなくなった中でもコートを全員で守り切った。両者無得点のまま迎えた第2クオーター(Q)。残り7秒で相手チームにペナルティコーナー(PC)を獲得された。だが、これをうまく切り抜け、勝負は後半戦へ。第3Q3分には、小林(総4)が相手のパスをカットしドリブルで切り込み、得点機を演出。さらに同4分にも佐守(商3)から白間(総2)のパスでゴールまで接近するも、得点はならなかった。両者先制点を狙う第4Q。序盤から相手に攻め込まれるも、GK和田(総3)が好セーブを見せた。両チームゴールが決まらないまま試合は終了。予選第3戦を0-0の引き分けで終えた。
 次戦はあす、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて、春季リーグ予選第4戦(対中京大)が行われる。
試合後のコメント
若月舞主将「自分はけがをしてしまって出られなかったけど、みんながすごく頑張ってくれた。試合は引き分けだったが、去年は達成できなかったことなので、達成できてうれしい。去年と比べて後半の崩れが少なかった。最後までしっかり粘ることができたので、攻める場面も増えて良かったと思う。あす対戦する中京大は、天理大にPCで1点を取ったチーム。自分たちのペースを大事にして、先制点を意識していきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です