【レスリング部】 春季リーグ戦黒星発進

<写真・テクニカルフォール勝ちを決めた鎌田>
   5月19日、大阪府堺市立金岡公園体育館にて平成30年度西日本学生レスリング春季リーグ戦1日目が行われた。第1戦は桃学大と対戦。2番手の鈴木(経2)は、序盤に相手にリードを許すも後半に巻き返し逆転の判定勝ち。3番手の鎌田主将(人4)は試合開始約1分で相手を圧倒し、テクニカルフォール勝ちを決めた。6番手の花岡(法4)は、序盤に相手に4点のリードを許すも、終盤に怒涛の巻き返し。判定勝ちをつかんだ。だが、1試合の不戦敗を含め桃学大に3-4で敗北。リーグ戦黒星発進となった。また、第2戦で戦う予定だった帝塚山大が棄権したため、本日の試合は第1戦のみとなった。
   次戦はあす、同会場にて2日目が行われる。
試合後のコメント
鎌田裕貴主将(人4)「きょうは、けが人も多く万全の状態ではなかった。思うような結果が出せなかったのは反省しないといけない。あすは開き直って、気負わずにチャレンジしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です