【ソフトテニス部女子】5戦全勝で関六制覇達成!

 〈写真・記念撮影に応じる部員たち〉

    

  5月19日、同志社大学多々羅キャンパステニスコートにて第136回関西六大学春季リーグ戦1日目が行われた。

  初戦、神大相手に2勝1敗で、開幕戦を勝利で飾る。流れに乗った関学は、2戦目、3戦目と連続してストレート勝ちを収めた。続く4戦目は、春季リーグ戦にて、敗北を喫した立命大と対戦。半田(法2)、村井(文2)の下級生コンビが粘りを見せ4-3でゲームを取ると、他のメンバーも勢いづき3戦連続でのストレート勝ちを収めた。5戦目の対関大戦でも半田・村井ペアが4-3でゲームを奪う活躍。2勝1敗で勝利を収めた。関六制覇を成し遂げた。

 


[本日の試合結果]

・第1戦 対神大

小林(人2)・芳地(人2)☆4-0

永尾(社3)・高本(総1)★3-4

大山(商2)・野崎(文4)☆4-0

・第2戦 対同女大

高橋(経1)・山口(経3)☆4-2

福田(教1)・竹田(社4)☆4-0

中村(文3)・安田(人4)☆4-1

・第3戦 対京大

半田・中本(文1)☆4-2

牛留(文1)・間島(教3)☆4-1

西村(総2)・吉田(人2)☆4-3

・第4戦 対立命大

半田・村井☆4-3

野崎・大山☆4-2

竹田・吉田☆4-0

・第5戦 対関大

半田・村井☆4-3

山口・高橋☆4-0

安田・中村★2-4

  

試合後のコメント  

竹田茜主将「優勝しようと意気込んで挑んだので、達成できたのは良かったと思う。ベストメンバーではない大学もあったが、春季リーグ戦のリベンジができて良かった。今まで課題だった勝ち切れないという所を、今回は全勝優勝という形で達成できたのは、大きな収穫。関西ダブルスでは、全員が力を出し切れるように関学の名前を知らしめて欲しい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です