【硬式野球部】 関大に先勝を許す

<写真・今季3敗目となった藤井>
   
 5月18日、兵庫県阪神甲子園球場にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第7節(対関大1回戦)が行われた。
    先発の藤井(法4)は、初回に適時二塁打で先制を許す。3回にはソロ本塁打も許し、5回3失点で降板した。継投した宮本(社3)は、6回に敵失、適時打、満弾を浴び計6失点で降板。投手陣が関大打線を抑えきれず、13安打9失点を許した。一方の打線も、6回まで4安打と沈黙。7回に3点を返すも、点差を埋められず。3-9で敗れ、関大に先勝を許した。
 次戦はあす、同会場にて第7節対関大2回戦が行われる。
    
【関大】○肥後、濱田駿ー高橋祐
【関学】●藤井、宮本、小田(経3)、原(経2)ー大上
[本塁打]関大:多田、古川
[二塁打]関大:太田、野口
関学:中西(商4)
  
試合後のコメント
片山翔太主将(商4)「先制されて流れが悪かった。ポンポンと3点を取られ、前半の内容は良くなかった。守備のミスも多く出て、大事なところでエラーがあった。関大から勝ち点を取るとAクラス入りなので、何としてでもあすは勝ちたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です