【卓球部】男子は近大に惜敗するも優勝。女子は立命大に勝って3位!

image1.jpeg


<写真・表彰式後、笑顔で記念撮影をする卓球部>

 5月13日、大阪府近畿大学記念会館にて平成30年度春季関西学生卓球リーグ戦最終日が行われた。男子は近大と対戦し、3−4で敗北。女子は立命大と対戦し、5ー2で勝利した。本日で春季リーグ戦全日程が終了し、男子は1部リーグ優勝、女子は1部リーグ3位の結果に終わった。大西尚(商2)が殊勲賞を受賞した。

 男子は全勝で臨んだ最終戦。第1シングルスの高橋(商3)が接戦をものにできず、破れるも、第2、3シングルスの卯木(法3)、大西尚(商2)が連続で勝利し、流れを引き戻す。だが続くダブルスでは2−3で敗北。備本(経4)は勝利するも山下(経2)、廣田があと一歩及ばず3-4で近大に敗北した。一方、女子は立命大と対戦した。序盤から3人連続ストレート勝ち。勢い乗ったがダブルスを僅差で落としてしまった。だが、単複出場の青木女子主将(社4)がストレートで白星を挙げ、関学の勝ちを決定付けた。残る津隈(商4)は安定したプレーで3ー1で勝利。竹田(国1)も格上相手に、1年生らしい粘り強いプレーを見せた。これで、立命大に5勝2敗で勝利し、春季リーグ戦を3位で終えた。

  

試合結果

男子団体   対近大  3-4

1高橋(商3) ★2-3

2卯木 (法3)☆3-2

3大西尚(商2) ☆3-0

4高橋(商3)・廣田(経3)★2-3

5備本(経4)☆3-1

6山下 (経2)★2-3

7廣田 (経3)★1-3

女子団体 対立命大     ☆5ー2

1秋山(教1)☆3ー0

2小脇(社2)☆3ー0

3池上(教4)☆3ー0

4青木・池上★2ー3

5青木 ☆3ー0

6津隈 ☆3ー1

7竹田★1ー3

備本将男子主将「最後の最後に勝てなかったのは悔やまれる。攻め足りなかったと思うことも多いが、春季リーグ4連覇は素直に嬉しい。全ての部員に感謝したいと思う。インカレでメダルを取ることを目標にこれからも努力を続ける」

青木沙也花女子主将「きょうも応援は元気で、選手も頑張ってくれたので良かった。リーグを通して特に1年生が頑張ってくれているので、チームの雰囲気も上がった。ベンチやスタンドの一体感と応援は関学が1番だと思う。だが、セットオールになったときに競り負けることが多いことが課題。チームワークはいいと思うので、秋までに得点力を上げて優勝を目指す」






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です