【サッカー部女子】 大差をつけてリーグ戦白星発進!

<写真・シュートを決め、喜びを見せる前原>
  
 5月13日、びわこ成蹊スポーツ大学にて、平成30年度関西学生女子サッカー春季リーグ戦2部第2節が行われ、関学は和歌山大に23ー0で勝利。開幕白星となった。
 悪天候の中、試合が始まった。前半1分、FW石淵(総4)がゴール。先制点を奪った関学は同5分、MF首藤(社3)が決め、立ち上がりから連続得点となった。その後も流れは関学のまま、11ー0で試合を折り返す。後半、激しい雨に足を取られるも、MF前原(商2)がゴール。1度も相手に流れは渡さず、23ー0で、リーグ戦白星発進となった。
 次節は5月19日、関西学院大学第4フィールドにて第3節(対びわスポ大)が行われる。
   
試合後のコメント
石淵萌実主将「目標の16対0よりも上回り、途中交代の選手も決めてくれた。目標を達成できたのは良かった。しかし、まだ決めきれていないところや、天候もあったが単調なプレーしかなかったのは課題。もっと工夫できたと思う。1部昇格、インカレ出場に向けて負けられない試合が続くので、目の前の試合を1戦1戦勝ち切っていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です