【アメリカンフットボール部】 日体大戦後の監督・選手コメント

<写真・大学初TDを決めたWR山下>
鳥内秀晃監督「経験の少ないメンバーで戦うことになったが、かなりやられてしまった。日本一を本当に狙おうとしているチームなのか疑問。きょうの試合はマイナス点。(日大の悪質タックルの件が選手に影響したか)心の中ではあるかもしれん。昨日の練習で、抗議文も送っているし、気にせず試合をしろよと言ったが心の中は分からない」
#10QB光藤航哉主将(経4)「結果が全て。自分たちが弱いことが分かった。日大戦と似たような雰囲気があり、改めて弱いと実感させられた。(攻守ともに精彩を欠いていたが)ディフェンスは一発でタックルを仕留め切れず、オフェンスはドライブできない。オフェンスは、日大戦の後半に無得点の状況から何も変わっていない。(次戦に向けて)次も強い相手なので、きょうは準備が足りなかったのでしっかりと準備して臨みたい。秋につながる試合をする」
#96TE荒木将太副将(商4)「実力が出たゲームになった。相手の攻撃に対応できておらず、1対1でも勝てていなかった。次戦は春シーズン最終戦なので、今までやってきたことを全て出し切りたい」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「ひどいの一言。日大から何も変わっていない。自分たちがただ弱いだけ。もっとミスに対して厳しく言っていかないと勝てない。今チームが危機的状況にあるということを理解して、もう一度目標と向き合っていく」
#25DB横澤良太副将(商4)「実力が全てでてしまった。ファンダメンタルが全然出せていなかったし、試合に臨む心構えがおろそかだった。一つ一つ課題をつぶしていき、次戦で春にやってきたことを全て出したい。いい内容で終われるようにやっていきます」
大学初TDを決めたWR山下喜史(人3)「TDは良かったが、まだまだ。個人的には、ある程度しっかりパスキャッチができたが、全体としては、攻撃のリズムが悪すぎた。このままだと関大にも勝てない。特にレシーバーは、底上げをしていかないといけない」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です