【硬式野球部】 序盤の失点響き反撃及ばず

〈写真・7回に適時打を放った多木〉
  
 5月11日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第6節(対同大1回戦)が行われた。関学は先発の原(経2)が3連打を浴び1死満塁とすると犠飛で先制を許す。3回にも、6連打から走者一掃の4点適時打を浴び、0-5とする。終盤、7回に重村(経4)と代打した多木(法3)の適時打で2得点。だが、序盤の失点が響き、反撃及ばず2-6で同大に敗れた。
   次戦は5月12日、同球場にて第6節対同大1回戦が行われる。
     
【関学】●原、藤井(法4)、宮本(社3)ー大上
【京大】○仲野、村居ー長野
[二塁打]同大:前田
関学:片山
                         
試合後のコメント
木内監督「デジャブのような同じパターンで負けてしまった。1回は不運な形での失点。だが、3回は満塁にした場面での不用意な失点だった。原はリーグ戦で戦える投手だが、コースが甘く入ってしまった。もう1つ上のランクを目指して投げてほしい」
片山翔太主将(商4)「リーグはそんなに甘くない。簡単に先制されて追い上げるけど、後手後手に回ってしまっている。優勝の可能性はなくなっているが、秋につながる収穫のある試合をしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です