【陸上競技部】トラック&フィールドの部、石井の5000㍍連覇で開幕を飾る

<写真・5000㍍連覇を成し遂げた石井>

 5月10日、西京極総合運動公園陸上競技場にて第95回関西学生陸上競技対校選手権大会2日目、トラック&フィールドの部1日目が行われた。
 1日目は、関学から8種目の予選と十種競技、5000㍍決勝に出場した。110㍍Hでは3名全員が自己ベスト以上の記録をマークし、決勝に駒を進めた。十種競技では川上(人1)が3位、広野(教3)が7位で競技を折り返した。5000㍍決勝では、石井(経3)がラスト600㍍あたりから得意のスパートをかけ、昨年に引き続き優勝した。
 あすも同会場で大会3日目が行われ、関学からは10種目に出場する。
試合後のコメント
松本光司主務(社4)「石井が8点獲得してくれたのが大きい。100㍍では多田がどこまで記録を出してくれるか期待したい。400㍍決勝に出場する2人にも上位入賞を期待している。110㍍H決勝の3人にも注目してほしい」
5000㍍優勝の石井「優勝した実感はまだないが、1年間自分のやってきたことが良かったことを証明できた。安心している。あさっての10000㍍ではもう1種目出られる感謝を忘れず、楽しんで2冠したい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です