【アイスホッケー部】 得点を奪えず、今大会初黒星

<写真・再三チャンスを演出した奥野>
 5月8日、関西大学たかつきアイスアリーナにて第10回関西CUP予選リーグ第2戦が行われた。関学は同大に0-5で敗北。今大会の通算成績を1勝1敗とした。
 序盤から防戦一方の関学は、粘り強い守りで食らい付いた。だが、第1ピリオド(P)残り8分、キルプレーから先制点を奪われると、その後も反則がことごとく失点につながり、計5失点。攻撃陣も、果敢にシュートは放ったが、最後までゴールをこじ開けられなかった。それでも、3人の1年生が出場。経験を積めた試合となった。
 次戦は5月12日、関西大学たかつきアイスアリーナにて関西大学と対戦する。
試合後のコメント
笠間尚主将(社4)「想像以上にやりにくかった。でも、そこまで押された試合ではなくて、粘ることはできた。個人では頑張っていたけど、チームワークがあまりだった。次の関大は強いチーム。まだ勝てていないので、ロースコアで勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です