【硬式野球部】 投手陣がリズムつくり立命大に快勝

<写真・5回1失点の好投を見せた原>
 5月6日、兵庫県ほっともっとフィールド神戸にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第5節(対立命大2回戦)が行われた。関学の先発は原(経2)。初回に2死二、三塁のピンチをつくるも、最後は三振で切り抜ける。続く2回は、暴投や失策などで投球が乱れ、先制を許す。しかし、3回から投球は安定し、打たせてとる投球で5回1失点。続いてマウンドに立った藤井(法4)は、6回と8回を三者凡退に抑え、追加点は許さなかった。投手陣の好投でリズムをつかんだ打線は、5回に花本(経3)が出塁してから塁を進めていき、小越(教4)の犠飛で同点に。さらに、7回に再び花本から打線がつながり、最後は相手投手のボークで逆転に成功する。そして、1点リードのまま迎えた最終回。中西(商4)の適時打でダメ押しの1点を追加。きのう痛い敗北を喫した立命大に3-1で勝利し、勝ち点争いを3戦目に持ち込んだ。次戦は9日、大阪府南港中央野球場にて第5節対立命大3回戦が行われる。
【関学】原、○藤井ー大上
【京大】●坂本、桐畑、小橋ー大本
[二塁打]立命大:福武
試合後のコメント
木内監督「きょうは投手の2人がよく投げてくれたのに尽きる。原は低めを立ち上がりに意識して、いいピッチングをしてくれた。藤井は立ち上がりいい当たりを続けられたが、リズム良く投げてくれたと思う。きょうはベストゲームだった。次戦は、相手もネジを締めて向かってくる。きょうより厳しい戦いになるが、持てる力を存分に発揮して接戦まで持って行ってほしい」
片山翔太主将(商4)「きょうは先制されたが、最後までいい集中力だった。投手の2人がよく踏ん張ってくれたおかげで、リズムをつかめたと思う。きょうは勝てたが、まだ勝ち点をとったわけではない。何とか勝ち点を取れるように、次戦もきょうのように集中力を持って臨みたい」
先発し5回1失点と好投した原暁「きょうは、前回の近大戦の反省点から低めを意識して、やってやろうという気持ちで投げた。自分の投球スタイルの、打たせて取る投球ができたと思う。きょうは途中で降板したが、長いイニングを任せてもらえるように頑張りたい」
6回から登板し好投を見せた藤井涼介「きょうは原がよく頑張ってくれたと思う。原の好投のあとだったので、崩すわけにはいかないという気持ちだった。要所で点を取ってくれた打撃陣にも助けられて、うまくリズムをつくることができた。これからも、きょうのように少ない点差でも抑えられるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です