【卓球部】 「男子は接戦を制すも、女子は同大にあと1歩及ばず」

image1.jpeg




<写真・試合終了後、ハイタッチをする大西尚>

  


  5月6日、大阪府近畿大学記念会館にて平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦4日目が行われた。男子は立命大と対戦し、4ー3で勝利。女子は同大と対戦し、2ー5で敗北した。

男子は1番手山下(経2)が懸命に粘るもストレートで敗北。続く備本(経4)が3-1で勝利。だがそのあと3番手とダブルスで競り負け。5番手からは負けることが許されない厳しい試合展開に。しかし大西尚(商2)のアクシデントも乗り越え、3戦全て勝利し、立命大に打ち勝った。女子は強豪同大と対戦。序盤から2敗するも3番手秋山(教1)が見事勝利し、チームを盛り上げた。ダブルスはフルセットにも及ぶ激戦となると敗戦。流れをつかまれ、同大に勝利することはできなかった。

 5月12日、同会場にて男子は大経法大、女子は神松蔭大と対戦する。

試合結果

男子団体    対立命大   ☆4-3

1 山下 ★ 0-3

2 備本 ☆ 3-1

3 卯木(法3) ★ 0-3

4廣田(経3)・高橋(商3)★ 1-3

5廣田 ☆3-0

6高橋☆3-0

7大西尚 ☆ 3-1

女子団体 対同大     ★2-5

1小脇 (社3) ★1-3

2池上 (教4) ★2-3

3秋山 ☆3-2

4池上 ・青木(社4)★2-3

5宮脇(国3) ★ 1-3

6津隈(商4) ★ 2-3

7青木 ☆3-0

試合後のコメント

備本将男子主将「1-3という厳しい状況でも巻き返せた後輩たちは本当に強いし頼れる。流れが目まぐるしく変わる中でチーム全員が1つになって勝利することができた。最終日まで気を抜かず優勝を目指す」

青木沙也花女子主将「オーダーで分が悪いことはわかっていた。0-2という状態で1年生の秋山が勝ってくれた。みんな最後まで諦めず戦えたことは良かった。次の神松蔭大戦では挑戦者のつもりで全員で向かっていきたい」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です