【ヨット部】 470級は優勝するも、スナイプ級は2位に終わる

{CAPTION}<写真・ゴールに向かう470級の大野(社3)・瀧川(経2) >

5月5、6日、新西宮ヨットハーバーにて2018年度関西学生ヨット春季選手権大会が行われ、470級は1位、スナイプ級は2位に終わった。1日目は4レースが行われたが、1日目からトップは甲南大。追い上げたい関学だったが、2日目は無風のため1レースしか行われず。470級は優勝するも、スナイプ級は2位に終わった。次戦は6月23、24日、新西宮ヨットハーバーにて関西学生女子ヨット選手権大会が行われる。

【団体成績】 470級 1位 関学B 19.0点 2位 甲南大A 38.3点 3位 関学A 58.7点 4位 阪大A120.3点 5位 関大 129.3点
スナイプ級 1位 甲南大A 37.3点 2位 関学A 64.7点 3位 関学B 72.0点 4位 大府大87・0 点 5位 阪大A 58.7点

試合後のコメント
 山本皓貴主将(社3)「関西の大会では勝たないといけないが、甲南大に負けてしまい悔しい。実力はあるのに、出し切れず今のチームの甘さが出た。勝つという強い気持ちを持って挑まなければいけない。1からチームを見直していく」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です