【アメリカンフットボール部】 日大戦後の監督・選手コメント

<今試合、2TDを決める活躍をしたRB山口>


鳥内秀晃監督「きょうは、QB奥野(商2)が先発だったが、試合開始直後に一度退場することになり、急遽QB西野がQBとして出場した。OLが全然、勝負できていなくて、ランを出すのが厳しい展開が続いた。結果は勝ってるけど、中身は話にならん。皆目やな」

#10QB光藤航哉主将(経4)「相手の反則で1本取れたが、しっかりオフェンスとして通すことはできなかった。ディフェンスも、最後の取られたらいけないところで取られてしまい、攻守ともにこだわってきたことが出せていない。V戦は残り2試合しかないが、秋にしっかりつなげられる試合にしていきたい」

#96TE荒木将太副将(商4)「オフェンスとしては、後半点が取れず、雰囲気も暗かった。ミスが出てからのメンタルの巻き返しができていなかった。きょう出た反省の本当の芯の部分を改善していき、次戦ではロングドライブでTDを取りたい」

#80WR尾崎祐真副将(人4)「最初に相手の反則で1本取れただけで、実力で通すことができなかった。アサインメントというより、気持ちの部分をもっと全体に求め、本気で日本一を目指せるようにしていきたい」

#25DB横澤良太副将(商4)「結果では勝っているが、内容はボロボロ。オフェンスは全然ドライブできず、ディフェンスもタックルミスでいらないゲインを与えていた。次戦まで1週間と時間は短いが、ファンダメンタルを前面に出していきたい」

2TDを決めた#34RB山口祐介(商4)「ほんの少しは昨年の借りを返せた。個人技でTDを取れたのは良かったと思う。だが、オフェンスラインアップの成長なくして秋はない。もっと高め合って、昨年とは違うところを見せたい」

第1Qに大学初となるTDを決めた#91TE對馬隆太(法4)「もともと、僕のところへ飛んでくるはずじゃなかったが、空いていたので飛んできた。パスがキャッチできたのであとはエンドゾーンまで運ぶだけだった。(大学初のTDは)うれしいという感情が大きい。オフェンスとしては、後半に点を取ることができなかったので、もう少しプレーの精度を高めていきたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です