【アメリカンフットボール部】 日大悪質タックル問題 記者の目「目を疑った」

〈写真・5月6日 定期戦日大戦で日大選手が3度目の反則を犯し、協議する審判団〉

 私は実際に、現場で取材をしていた。ボールを追っていたため、直接は見ていないが、動画を見て目を疑った。日大DL退場処分となった場面は、かなり会場が緊迫していた。昨年の甲子園ボウルで、日大の復活劇を見ていただけに残念でならない。アメフットに関わる者として、このような形でアメフットが広まるのは不本意だ。一刻も早い真相究明を一記者として求めたい。(松尾誠悟)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です